インテリア

インテリアは完成形をイメージしてプランしよう!06

こんなインテリアの家にしたい!部屋にしたい!まずは完成形をイメージしてそこから逆にプランしていく方法をご提案します♪

自分がどんな色や雰囲気が好きかって、案外知らないものかもしれません。インテリア素材やファブリックのいろいろな合わせ方をサンプルを用いてナンバリングしています。→写真はインスタグラムでinstagram saeko0713

インテリアの色合わせのアイデア06 

 

idea06・・

床材はシャビーかつ木目の目立つホワイトのカラーで。濃いめの茶色をソファの張地や小物に使うことで丁度良いアクセントになります。黒では重過ぎるので、茶色をセレクトするのがポイントです。

インテリアの完成形をプランシートにしてビジュアルで伝えましょう!

idea06のインテリアプランシートから

ソファやリビングテーブルの脚にはスチールなど金属系のものを使い、ハードなイメージに。床材は木質なので、クッションなどは可愛い色形のものでも程よくまとまります。

具体的なご自身のインテリアプランニングのご依頼もお受けしています!

ご依頼はコチラから→インテリア 仕事・講座

オリジナルクッションをご提案しています→saekoko web shop

 

前回の予告から、写真のグループ分けをしてみました!記事中に、重い軽い、ハード、ソフトなど言葉で表現してきましたが、ちょっと分かりづらいですね!

図にするとこんな感じ、、図中の写真は、これまでご紹介してきたインテリアボードです!

実際は、例えば床材で言えば、木質か石材かタイルかCFシートかという素材によってもっと細かに分かれますが、まずは、色やぱっと見た印象で分けた配置です。

縦軸に「軽い」「重い」 横軸に「冷たい」「暖かい」

例:「布」「鉄」     例:「ブルー」「ピンク」

素材ごとにこの配置が近い範囲のグループになっていればまとまりのあるインテリアになりますし、ばらつきが多いようであれば見直すか、かけ離れた素材を少な目に調整して、はずしのある小粋なインテリアとしてまとめることもできます。

★次回 予告・・広い面積に使われている床材、インテリアのイメージは床材の色素材によってほぼ決まります。まずは床材を図に乗せて、カテゴリー分けしてみましょう!★

では、またね☆!

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31