インテリア

映画からインスピレーション

インテリアのプラン アイデアはどこから?

映画からの影響は大きいです。

生き方、考え方、表現法などなど。

身近な事では、こんなインテリアいいなぁ、、と。

インテリアは私の仕事でもあります。

日本と海外の住宅事情の違いなども含め

映画の中の素敵な住まいに、おおいに刺激されてきました。

映画は特に視覚に訴えかける要素が強いため、この部屋マネしたい!と思ったら

まずは色合いから入るとスムーズかと思います。広い面積から攻めましょう。

床のフローリング、あるいはタイル。壁の石、クロス、塗料の色。窓にかかるカーテン。

それから家具や小物たち。映画はたくさんのインスピレーションを与えてくれます。

おすすめ映画

独断と偏見です。自分アピールのブログですし、バンバン自分の趣味的映画を紹介していこ

うと思います。おすすめ映画パート2 パート3とシリーズ化する予定です。

 

今回のパート1は、一番好きな、ペドロ・アルモドバル監督作品

スペインの巨匠といわれる監督ですが、個性的、独創的な作品で

内容はぶっ飛んでいます。

引用:KIKA DVD BAD EDUCATION DVD

YouTube 「ジュリエッタ」予告編

「オールアバウトマイマザー」「ジュリエッタ」

「バッドエデュケーション」などの映像の美しさとセンスの良さも有り

各国からの評価は高いのです。

バッド、、は男性同士のラブストーリーですが、ガエル・ガルシア・ベルナル(大作ではバ

ベルにも出演していました)がとても美しく、必見です!

 

インテリア談話に戻ります。

映画自体の内容も素晴らしく、面白く、センス抜群なアルモドバル作品。

内容ももちろんの事、特にインテリアも要チェックです。

部屋中の色はいわゆるすごーーく派手です。

シンプルモダンなインテリアが好きな私にとってはまさに衝撃!

インテリアイメージ

ではでは、映画から受けるイメージを

国内メーカーの各サンプルを使ってコーディネートしてみました。

by IC.KOUDA

右:花柄とストライプは壁クロス

下茶:床材のフローリング

ファブリック:カーテンやクッションにビビットなカラー

まず、こういったカラーサンプリングを作り、インテリアの方向性を決めてから

実際に使用するアイテムを絞り込んでいきます。

国内だけでも大量にあるインテリアアイテムの中から採用する1点を選ぶため

普段から、雑誌、映画、街を散歩する時でも、宝物探しをしています。

宝物は蹴ったり割ったり、磨いたり、いろんな方向から見たりするのもいいのかも

しれません。

 

今回ご紹介した、私の宝物(勝手にですが笑)アルモドバル作品はここから見れます。


無料トライアルが利用できます。

では、またね☆

 

 

 

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930